チューブをつけてインタビューを受ける歌丸さんHEALTH

チャンピックスで禁煙しました(1)歌丸さんの死因「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と受動喫煙防止条例について

2018年7月2日、ミスター笑点の歌丸さんが亡くなりました。

歌丸さん、こん平さん、円楽さんがいた頃の笑点は欠かさず見てました。
小さい身体でクシャッとこずるい笑顔で笑う歌丸さんが大好きでした。

まず歌丸さんのご冥福を祈ります。歌丸さんありがとう!

今回は歌丸さんの追悼の意も込めて、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と日本の喫煙環境の話、禁煙に成功した話と2記事にわけてご紹介します。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)って?

歌丸さんと言えば鼻にチューブをつけて高座に座っていた印象がある方も多いのではないでしょうか。

そんな歌丸さんの命を奪ったのが「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」でした。

あまり馴染みがない病名ですが、COPD(慢性閉塞性肺疾患)は肺気腫と慢性気管支炎の2つを合わせたもので、たばこの煙や有害物質の影響で肺が炎症を起こす病気です。咳、痰、息切れなどの症状の他、体力の低下や、肺がんのリスク、その他の治療が難しくなったりと日本の潜在患者数は約620万人と言われているそうです。

呼吸器科などに行くと必ずと言っていいほど「その咳、COPDかもしれません」と注意喚起のポスターを見かける程にメジャーな病気になっており、歌丸さんもCOPDの広報大使でした。

COPD啓発ポスター

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は苦しい

肺気腫の肺

肺気腫の肺

COPD(慢性閉塞性肺疾患)はタバコや有害物質を吸引することで肺の中で二酸化炭素と酸素を交換している臓器である肺胞壁が破壊され、破壊された結果息切れやゼェゼェと言った喘鳴が生じます。この状態が慢性気管支炎です。

どちらも息切れや喘鳴、体力低下が起こり、悪化すると寝たきりの状態に近くなります。

肺浮腫も肺胞壁が破壊されていく病気で、症状を抑えるためだけの対症療法と、それ以上悪化させないための保存療法が主な治療法で、残念ながら一度壊れた肺を元に戻すことはできません。

禁煙によって肺の機能がよくなってきたとしてもタバコを吸う以前の肺に戻ることはできないので、COPDが進行してから医者にかかっても以前の状態に戻ることはできないのです。

喫煙年数が20年を超えるとCOPDのリスクが高まる

35歳のおじさんが1年間で患った疾病まとめ」にも書きましたが、昨年風邪をこじらせたことをきっかけに喘息を発症しました。

当初は風邪をこじらせただけ+なんらかのアレルギーだと思っていたので、かかりつけの内科クリニックを受診しました。
10秒診察のようなクリニックなので、触診等もなく吸入器と気管支拡張剤を出されて終わり。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は苦しい

処方された薬を飲みきっても微熱も咳も息苦しさも全く改善しなかったため、口コミも★4.8という高評価の呼吸器専門クリニックを受診しました。

もうこの頃は症状が出始めてから1ヶ月以上経過していたので、喘息なんていう発想はなく、心当たりもない(笑)性病や謎の死に至る病気も想像しはじめます。

レントゲンやCT等様々な検査を行いましたが、結果微熱も喘息が原因だと判明し、薬物治療であっさり症状は改善しました。
喘息治療は継続して行うのが大切ということで、症状が収まっても通院し呼気中の一酸化炭素濃度や酸素濃度の計測を継続して行います。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は60歳以上に多い病気とは言われていますが、喫煙年数が20年を超えると発症するリスクが高まるので、当然僕もCOPD(慢性閉塞性肺疾患)まで達している可能性が高かったわけです。

喘息の吸入薬

受動喫煙防止条例について

海外に住んでいる人の話を聞くと「喫煙は命を縮めるだけの愚かな行為」といった流れが以前からありました。
日本でも東京オリンピック開催に向けて、受動喫煙防止条例などタバコが及ぼす害について条例や法律で認知されるようになってきましたよね。

受動喫煙防止の先進都市?札幌

僕自身、喫煙という行為に対して嫌悪感はありませんが、歩きタバコや喫煙禁止区域での喫煙など、マナーの悪い(モラルのない)“一部”の喫煙者には以前から腹立たしい思いをしていました。

確か10年ぐらい前、札幌に住んでいた頃に警察や指導員が街に繰り出し歩きタバコを厳しく取り締まった時期がありました。(中心部を離れると行っていなかったのかも知れません)

受動喫煙の意識が高い札幌市

受動喫煙の意識が高い札幌市。昔は大通り公園のベンチの脇には灰皿があった。

当時から歩きタバコはしないようにしていましたが、飲みに言った帰りについつい吸ってしまったのを見つかり、罰金2000円ぐらいをとられたような記憶があります。この取締以降、札幌市では一気に歩きタバコを見かけなくなった気がするんですよね。

もちろん札幌でも繁華街を歩けばア◯みたいのがタバコを吸ってイキってたりしますが、市が設置した喫煙ブースがあちこちに設けられていたり、ビアガーデンでも喫煙できないようになっていたりと(普段より喫煙ブースは多めに用意されてる)今回の東京の受動喫煙防止条例以前から、札幌市の受動喫煙に対する意識は高かったように感じます。

受動喫煙防止条例はどこなら吸えるの?

「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」では、第六条以降に下記のように定められています。

第六条(家庭等における受動喫煙防止等)
保護者は、家庭等において、子どもの受動喫煙防止に努めなければならない。
喫煙をしようとする者は、家庭等において、子どもと同室の空間で喫煙をしないよう努めなければならない。

第七条(家庭等の外における受動喫煙防止)
保護者は、家庭等の外においても、受動喫煙を防止する措置が講じられていない施設又は喫煙専用室その他の喫煙の用に供する場所に、子どもを立ち入らせないよう努めなければならない。

第八条(自動車内における喫煙制限)
喫煙をしようとする者は、子どもが同乗している自動車(道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第二条第一項第九号に規定する自動車をいう。)内において、喫煙をしないよう努めなければならない。

第九条(公園等における受動喫煙防止)
喫煙をしようとする者は、公園(都市公園法(昭和三十一年法律第七十九号)第二条第一項第一号及び自然公園法(昭和三十二年法律第百六十一号)第二条第一号から第四号までに規定するものをいう。)、児童遊園(児童福祉法第四十条に規定するものをいう。)又は広場等において、子どもの受動喫煙防止に努めなければならない。

第十条(学校等周辺の受動喫煙防止)
喫煙をしようとする者は、学校、児童福祉施設その他これらに準ずるものの周辺の路上において、子どもの受動喫煙防止に努めなければならない。

第十一条(小児医療施設周辺の受動喫煙防止)
喫煙をしようとする者は、小児科又は小児歯科の病院又は診療所その他これらに準ずるものの敷地の外周から七メートル以内の路上において、子どもの受動喫煙防止に努めなければならない。

「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」を施行しました。
とうきょう健康ステーションは,東京都福祉保健局が運営しています。都民の健康づくりに役立つ情報を配信しています。

まとめると

  1. 子どもがいる空間
  2. 子どもがいる車内
  3. 子どもがいる公園、児童公園、広場
  4. 学校、児童福祉施設周辺
  5. 小児科または小児科がある病院の敷地内7メートル以内

ではタバコは吸わないように努めなければなりません。

家庭内や車の中でも子どもがいる場合は喫煙をしないように努めなければならないし、公園、学校、幼稚園、保育所の周辺道路でも子どもが居たら喫煙をしないように努めなければならないということですね。

飲食店でも細かく喫煙できるかどうかのルールが制定されていっていますし、パチンコ屋ですら2020年には屋内禁煙(原則)になります。

ここまでやるのであればいっそ「罰則あり」じゃないと意味がない気がしますが。汗

テレビでも「喫煙シーンは放送しない」みたいな流れがあったと思いますが、あれはどうなったんだろう・・・

ここが変だよ受動喫煙防止条例

先進国では日本の受動喫煙防止条例のように「屋内で吸えないのは当たり前」となっているそうです。
ただ、屋内での喫煙はNGだけど屋外では自由に喫煙できる場合が多く、外国人から見ると今回の日本の条例は喫煙者にとっては厳しい条例ですね〜という認識だそう。

めんどくさいからタバコ辞めることにした。

そんなこんなで堅苦しいことばかり書いてしまいましたが、タバコを吸えるところはこれからどんどん減っていくだろうし、タバコを切らしたときに買いに行くのもめんどくさいし、ライターが行方不明になって探すのもめんどくさいので、禁煙することにしました。

もうこうなったら辞めるのが一番手っ取り早い選択肢だと思いませんか?笑

これからタバコを吸い始めようなんて愚の骨頂。
やめたほうがいいよ、うん。

29日まで!全商品600円引きクーポン!

2318

アイドラッグストアーをチェック!アイドラッグストアークーポン

※期間中1回の注文に限り有効
※ご利用可能期間:10月10/29まで
※商品の合計金額3,000円以上お買い物の方対象


アイドラッグストアーのクーポン&セール情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました